4月から「標準利率」引き下げ

 

最近、新聞やネットのニュースで「○○生命 貯蓄保険の販売停止」「○月から一時払い終身保険料○%上げ」などの見出しを目にすることが多くあります。これは、生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)の基準である「標準利率」が引き下げられることによるものです。

 

長期金利の低下により運用利回りを確保しにくくなっていることから、現行の標準利率1%に対して、一時払い年金保険などは今年の4月から0.5%に引き下げられます。

今回、標準利率引き下げの影響が大きい貯蓄型保険(養老保険や一時払い年金保険など)が話題となっていますが、保険料算出の考え方としては他の保険商品にも通じるところがあります。

 

保険の加入・見直しに当たっては具体的な保険料が当然気になるところですが、予備知識として「保険料がどのように決められるのか」を知っておいても良いかもしれません。興味のある方は「保険選びのオキテ 第4条」をご覧ください。

 

“生命保険の選び方をサポートする保険天使”
今回のブログは、フクロウが担当しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です